ヨークシャー・テリアの起源

ヨークシャー・テリアは1800年代初頭にテリア系の小型犬とマルチーズなどの混血によりつくりだされた比較的新しい犬種で、一般家庭で飼育されるようになったのは原産国イギリスにおいても戦後の事です。犬種名はヨークシャー地方に由来し、一般に「ヨーキー」の愛称で呼ばれています。

体高23cm前後、体重3.1kg以下のヨークシャー・テリアはもともと、ヨークシャー地方の炭坑や織物工場でネズミを駆除するために飼育されていた犬ですが、小型化のために複数のテリア種との交配が試みられてきました。改良の過程ではなんと7kgもあったそうです。

なお“テリア”とは数少ないイギリス原産の犬種で、ラテン語の“テラ(土)”に由来しています。土中に住むアナグマやキツネ、ネズミを狩る小獣用の猟犬で、仲間には「ワイヤー・フォックス・テリア」「ケアン・テリア」「ジャック・ラッセル・テリア」「スコティッシュ・テリア」「ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア」「ブル・テリア」などがいます。かわいらしい容姿とは裏腹に、みな負けん気の強い“テリア気質”であることは言うまでもありません。

ペット関連情報

RSS

Powered by All About

All About[ペット]
2017.05.26犬の寿命と年齢の数え方
2017.05.19猫は死ぬ前に姿を消すってホント?猫にまつわるトリビア5選
2017.05.13犬と車で出かける準備とコツ
2017.05.09ペットロスは“克服”しなくてもいい
2017.05.04犬の耳の構造や形の種類、動きからわかる気持ち
ヨークシャー・テリアの基礎知識
ヨークシャー・テリアの起源
ヨークシャー・テリアの性格
ヨークシャー・テリアの特徴
ヨークシャー・テリアの歴史
ヨークシャー・テリアの毛色・毛質